補聴器の高額詐欺が増えているそうです

お年寄りをカモにした詐欺というのは、いつの時代もありますよね。
本当に許しがたいことだと思います。
「オレオレ詐欺」なんかはその典型。
お年寄りが心優しいのを悪用して、お金をだまし取る、そんな心ない人が実際にいるのが悲しいです。

そして、最近では「補聴器を高額で売りつける」詐欺が急増しているのだとか。
こちらに記事がありました。

 国民生活センターの発表によると、補聴器の契約をめぐるトラブルの相談が全国の消費生活センターに寄せられ、毎年増加傾向にある。2003年度の237件が、12年度には529件と10年間で倍増している。
高額補聴器の購入トラブル急増 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

こうしたトラブルの背景には、補聴器がネットで簡単に買えるようになった、という面もあるようです。
この記事にもあるように、補聴器はメガネ以上に本人とのフィッティングが重要な機械。いくら高性能な補聴器でも、本人の聞こえに合っていなければ、なんの役にも立ちません。
できればお医者さんの診断を正確にしてもらって、その処方箋を持って「認定補聴器専門店」で補聴器を購入するべきでしょう。

とはいえ、ネットで購入することが必ずしも悪、とは言い切れません。
難聴の程度が軽いのであれば、ネットで補聴器を買うのも方法の一つとしてあると思います。

そして、補聴器を無理やり買わせる詐欺、これは本当に許しがたいですね。
補聴器の値段は安ければ数万円、ですが高いものは100万円近くします。
そして、その違いは一見分かりにくいのが現状です。
それを悪用して、粗悪品を高額で売りつける悪徳業者が多数存在するようです。
こうした詐欺にはじゅうぶん注意してくださいね。

こうした補聴器の詐欺も含めて、お年寄りが詐欺に合わないようにするためには、いちばん大事なのは周囲とのコミュニケーション。
お年寄りが周りの人たちと積極的にコミュニケーションを取っていれば、たとえ騙されそうになっても周りの人が止めてくれる可能性が高くなります。
周囲の人はお年寄りを阻害しないように、そしてお年寄りの方は積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう!